スタッフブログ

花の七草 > ブログ > 白川郷

‘白川郷’ タグのついている投稿

2011年5月31日 火曜日

飛騨高山&白川郷 その2

こんばんは:)

七草スタッフ アルテです。

前回からすでに約3カ月も経過し、季節もかわってしまいましたが

今回は、以前旅行した白川郷の続きで飛騨高山のお話です。

そんなに前の話なら書かなくてもいいんじゃね?(若者風)

と思われるかもしれませんが、

ここはひとつ辛抱してお付き合いいただければと思います;)

まだまだ寒さの残る2月19、20日

完全防寒対策を施し(スノトレ買いました!この日以来履いてません:cry:

岐阜県の白川郷と飛騨高山を訪れました。

1日目は白川郷のライトアップ(とても奇麗でした:P )2日目が飛騨高山です。

ところで飛騨高山って?という人もいるかもしれないので少し説明しますと

岐阜県高山市を飛騨高山と呼ぶそうで

その高山市はなんと日本で一番面積の広い市なんだそうです8O

その広さは香川県、大阪府よりも大きいとか:lol:

ただし、約90%が山林のため、人が住んでいる場所は限られているようです

そんな飛騨高山での目的は「飛騨の小京都」とよばれる古い町並を観光することです。

さっそく古い町並の中で最も人気の上三之町に向かいます。

すると通りかかった鍛冶橋に奇妙な像が8O

めっちゃ手が長い 手長像 めっちゃ足が長い 足長像

めっちゃ顔が怖い 手長像アップ

手長、足長と呼ばれているようですが。。 めっちゃ怖い…

日が暮れると小さい子はこの橋を渡れないのでは…

そんな鍛冶橋を通り過ぎてしばらくすると目的の上三之町に着きます

大人気 上三之町 上三之町には観光客がたくさん!

上三之町の通りはたくさんの観光客でにぎわっています。

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていて

江戸時代の城下町の風景が保全されています。

一歩通りに入るとまるでタイムスリップしたかのようです:D

通りに立ち並ぶ建物はお土産屋さんやカフェなどのお店になっていて

建物内部の見学とお買い物を同時に楽しめるようになっています:D

カフェのお店 天井が高い!

また、地酒の蔵元が多数あり、お酒好きな方にはうれしい試飲をすることもできます。

ちょうどお酒を造っていました

このあたりの建物は、入口が小さくて外から見るとそんなに大きくないのですが、

中はとても広いんです!驚きます!

(その昔、建物の間口の幅(正面の幅?もしくは入口の幅?)で

税金が決まっていたらしくこんな造りになっているという話があります。)

そのため1つの建物に、カフェ+雑貨屋×2など複数のお店が入っていることもあります:)

建物の中からつながる蔵には別のお店が入っています。

そんな発見を楽しみつつ通りを進んでいると入口にちょっと怖い置物のあるお店が8O

ちょっと怖い… シーサー?

「咲くやこの花」というお店なのですが、外からは何のお店かわかりません

咲くやこの花 外からは何のお店かわからない

恐る恐る中に入ってみると、入口の置物からは想像もつかないカラフルで何とも味のある動物達が:P

ブリキのねこ ブリキのねずみ ブリキのとり

ブリキのかえる ブリキの…?? ゆかいな仲間たち ブリキのラブリーバード 2匹でハートに見える

これらの置物はブリキで作られて、すべて手作りなんだそうです。

あまりにかわいいのでお土産に買って帰ることに決定!

しかし、どの子を連れて帰るか悩みます:D

予算さえあれば根こそぎ連れて帰りたい気分ですがそうもいきません

悩みに悩んだ結果、カエルとうさぎ?のこの子たちにしました。

お土産の ブリキの置物

プチプチで包んでくれて帰り道も安心でした。

そんなこんなで上三之町を中心に1日中飛騨高山の古い街並みを満喫しました:D

最後に雪国ならではの光景が:lol:

自動販売機も冬眠中

2011年2月28日 月曜日

飛騨高山&白川郷 その1

こんばんは:)

七草スタッフ アルテです。

私ごとではございますが

先週1泊2日で岐阜県の飛騨高山&白川郷に行ってまいりました:P

特に白川郷は1度は訪れてみたいと思っていた場所で

旅行が決まってからというもの、日々そわそわしておりました;)

白川郷について少し説明しますと

岐阜県白川村荻町の合掌造りの集落で、

1995年12月に五箇山合掌造り集落と共にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

屋根の形が合掌した時の手の形に似ているため「合掌造り」と呼ばれるようになったそうです。

私が訪れた2月19日は1年の内に7回しか実施されない

人気のライトアップ最終日でした:D

17:20ごろ白川郷に到着すると

すでに大勢の観光客が8O最終日ですからね;)

ライトアップは17:30~19:30の2時間ほどなのでギリギリセーフ。

まずは国の重要文化財に指定されている和田家へ

その姿は圧巻!

人垣をかき分けながらなんとか撮影

国の重要文化財 和田家 国の重要文化財 和田家 2枚目

しかし余韻に浸っている時間はありません

その理由は、事前調査で

「大勢の人が押し寄せるため、ライトアップの時間内に入れない場合がある」

と判明した、ライトアップ一番の人気スポット 展望台へと向かうためです。

展望台までの道のりを例えるなら

”谷山神社の細い坂道に人があふれている感じ”でしょうか。(ローカルすぎました;)

すでに下ってきている人たちもいるのですが、なかなかスムーズには進みません

徐々に展望台付近まで進むと、道のわきに三脚を立てて写真を撮っている人たちが増えてきます。

進まない原因はこれか…と思いつつも、

すでに展望台行きをあきらめさせるほどのライトアップの景色が広がっています:D

あまりにも景色がきれいなので

逸る気持ちを抑えられず私も便乗して写真を撮ることに

展望台付近からの眺め 展望台付近からの眺め2 展望台付近からの眺め3

展望台付近からの眺め4

手前の枝が邪魔でしたが、なんとか写すことができました:)

写真も撮れたことなので展望台へ行くのはあきらめ他の場所を巡ることに

合掌造り その1 合掌造り その2 合掌造り その3

まるで別世界に来たような感覚を覚えます。

最後に小さな発見!

白川郷のマンホール

マンホールも合掌造りのイラストでした:)

■補足

2時間ですべてのライトアップ地区を回るのはほぼ不可能だと思いますので

事前に行きたい場所を確認することをおすすめします。

公式サイトには地図や注意事項などの情報が掲載されています。

また、除雪はされていますがところどころに雪が残っていることもありますので

すべりにくい靴を履いたほうがいいでしょう。

私はこの日のためにスノートレーニングシューズを購入しました!

私の様に南国育ちの方は

なんだそれ? という感じでしょう。

通称「スノトレ」は防水性や防寒性、耐滑性に優れた靴です!

ですがスノトレを履いているからといって調子にのって雪の上を歩いたりすると

一歩前まではカッチカチの雪だったのに

次の瞬間ひざあたりまで足がめり込んでしまうことがあります。ご注意を。

もうひとつ、街灯などはありますが、懐中電灯があったほうがいいです。

雪を流すための側溝や、ライトアップのための配線があったりするので

足元を照らす明かりがあると安心です。

↑ページトップへ