スタッフブログ

花の七草 > ブログ > 垂水フェリー

‘垂水フェリー’ タグのついている投稿

2013年5月11日 土曜日

かのやばら園

こんばんは

七草スタッフ アルテです。

ゴールデンウィークにかのやばら園に行ってきました。

まだ7分咲きということでしたが、園内はその名のとおりバラ、ばら、薔薇であふれています。

かのやばら園 かのやばら園 かのやばら園

広大な敷地はさまざまなエリアに別れていて

香りや色を楽しむガーデンや英国人園芸家がデザインしたガーデン、

貴族や王族の名前がつけられた薔薇を集めたロイヤルガーデンなんかもありました。

カラーガーデン イングリッシュガーデン

香りのガーデンに足を踏み入れると、どこかで香水を振りまいてるんじゃないかと疑うほど

とてもよい香りがして、自然の花が放つ香りにおどろきました。

かのやばら園 かのやばら園

順路を進んでいると、薔薇の花を浮かべた噴水や、薔薇で作られたハートのオブジェなどがあり

また別の楽しみを提供してくれます。

噴水に薔薇 噴水に薔薇 ハートのオブジェ

観賞温室の手前には、世界で初めての青い薔薇blue rose APPLAUSEも展示されていました。

blue rose APPLAUSE blue rose APPLAUSE

青って難しいんですかね… LEDとかも大発明でしたよね

当日は天気に恵まれ、たくさんの薔薇と自然に囲まれてとても癒されました。

園内のレストランにある薔薇のソフトクリーム バラソフトも絶品!!

また、地元の高校生がボランティアをしていて、写真撮影などを快く引き受けていました。

素晴らしいですね!

かのやばら園 かのやばら園 かのやばら園

 

 

話は変わりますが…かのやばら園はその名のとおり大隅半島の鹿屋市にあります。

鹿児島市からはもちろん垂水フェリーを利用して向かいます。

垂水フェリー 垂水フェリー 垂水フェリー … そう!うどんです!

垂水フェリーのうどん

くどいようですが、垂水フェリーに乗ったらうどんを食べるんです!鹿児島人は。

垂水フェリー 垂水フェリーからの桜島

 

2013年1月21日 月曜日

年始の鹿児島観光まとめ その1 「パノラマパーク西原台」

こんばんは

七草スタッフ アルテです。

今年の年始休みは鹿児島観光を満喫させていただきました!

まずは大隅半島の南大隅町根占にある「パノラマパーク西原台」

AKB48の柏木由紀さんが起用されている鹿児島県の観光ポスターで舞台になっていたり

雑誌で特集されていたりして、この機会に行ってみようということになりました。

まずは薩摩半島から大隅半島に渡るため、垂水フェリーで錦江湾を横断。

(余談ですが錦江湾って正式には鹿児島湾らしいです。鹿児島の方知ってました?)

垂水フェリーに乗り込みます!

対岸の垂水港まで約40分の船旅です。

小さい頃もそうでしたが、年齢を重ねてからも、やっぱり垂水フェリーはテンション上がります!

そして鹿児島の方にはおなじみですが、垂水フェリーでは何よりも先にまずうどんを食べます!

垂水フェリーのうどん

昔は甲板のたたみ一畳ほどのスペースでおばちゃん1人で売っていましたが

今は船内の休憩スペースで立派なお店のようになっています。

月見かき揚げうどん

相変わらず垂水フェリーのうどんはうまい!船の上で食べるのでさらにおいしく感じます。

食事の後は甲板のベンチで桜島を眺めながらゆったりと垂水港到着を待ちます。

垂水フェリーからの桜島

垂水港からは佐多街道で錦江湾を望みながら根占に向かいます。

根占までは渋滞もなく、スムーズに進み一安心。

しかし、根占からパノラマパーク西原台までは…結構な山道…

ところどころに小さな落石の形跡があったり…

車が離合できるのか?心配になるほどの道を進み、ようやく到着です。

(またまた余談ですが離合って意味が通じない地域もあるようです。方言なのかな?

鹿児島では狭い道で車がすれ違うことを「離合(りごう)する」って言います。)

駐車場から展望所までダッシュするとそこには下界を一望できる絶景が!

パノラマパーク西原台の絶景 下界を一望

ちょっと霞んでいましたが、対岸の開聞岳も見ることができました!

薩摩富士と呼ばれる開聞岳。きれいな円錐形をしています。

霞んでいますが開聞岳も見れました!左側見えますか? 薩摩富士 開聞岳

空が澄んでいれば、屋久島や硫黄島も見ることができるようです!

ちょっと寒かったけど、高低差を利用して空を飛んでいるような写真を撮ってみたりして

年甲斐もなく はしゃいでしまいました。

写真を撮っているときに気になったのですが、斜面の芝がところどころめくれているのです。

野生のイノシシでも出没するのかな?と思っていましたが、帰り際に理由が判明しました。

無線機のようなものを持った数人の方がやってきて「もう飛ばないだろ?」などと会話をしており

観光ではなさそうだなとは思いましたが、調べてみるとパノラマパーク西原台は

パラグライダー愛好家の方たちが離陸?場所として集まるようで

離陸する際に駆け下りるために芝がめくれてしまうのでしょう。

次回行く機会があればパラグライダーで飛んでいるところをぜひ見てみたいものです。

↑ページトップへ